更年期対策

思い立ったが吉日!今から始める更年期症状の対策

女性なら誰もが経験するであろう更年期ですが、その症状の重さは個人差があるため「特に更年期症状を感じなかった」という方もいれば「症状が辛くて毎日がキツイ」という方もいます。現在進行形で更年期症状に悩む方は勿論、「これから更年期なので先に準備しておきたい」「症状が軽いうちに対策しておきたい」という方のためにも更年期障害がどういったものなのか、どういった対策をすればいいのかを紹介していきたいと思います。

 

「今すぐにでも更年期サプリが欲しい」「自分に合った更年期サプリを探したい」という方はこちら→おすすめ更年期サプリランキング

 

 

更年期障害の原因は?

一般的に「更年期」と呼ばれる時期には閉経に向けて卵巣の機能が衰えていきます。これにより女性ホルモンの分泌量が減りますが、急激に減ってしまうため体がその変化についていけず様々な体の不調となって表れてくるようになります。つまりこの急激な変化を緩やかなものに出来れば症状を軽くすることが出来るという事になります。

 

更年期症状の一例

  • ホットフラッシュ(火照りやのぼせ)
  • めまい・立ちくらみ
  • 肩こり・腰痛
  • 気持ちの落ち込み
  • 不眠 など...

 

またストレスや喫煙、生活習慣の乱れなどによって症状が悪化するケースもあります。特に更年期を迎える頃は自身の周囲の環境が変化しやすい時期でもあるためそれが引き金となる場合や、家族や職場の理解が得られず「やる気がない」などと言われストレスとなって更に悪化してしまうという事も考えられます。そうならないためにも事前にしっかりと対策を立てておきましょう。

 

 

若者でも更年期障害になる?

「更年期障害」と聞くと40〜50代を思い浮かべるかもしれませんが、20〜30代の若い女性にも更年期障害の症状が出る場合があります。これは「若年性更年期障害」と呼ばれていて、ストレスや喫煙、無理なダイエットなどによって女性ホルモンの分泌が一時的に減ってしまうことで更年期障害に似たような症状が出ます。ただし「更年期障害」とは違って女性ホルモンの分泌量を元に戻すことは可能なので、生活習慣を改善したり症状が重たい場合は医師に相談するようにしましょう。

 

 

まずは更年期サプリから始めてみよう!

更年期障害の症状は女性ホルモンの急激な減少によるものなので、減ってしまった女性ホルモンを補充することで症状を治めるのが「HRT(ホルモン補充療法)」です。病院で医師の認可の元HRTを受ける事が出来、健康保険が適用されるので比較的安価でありながら更年期障害に対して有効な処置であると言えます。しかし効率的な更年期障害対策の反面、低確率ではありますが副作用として乳がんの危険性があるのも事実です。

 

そこでおすすめなのが、まずは市販されている更年期サプリから始めてみる事です。更年期サプリなら副作用はありませんし、病院に行く手間も無く手軽に自宅で更年期対策をする事が出来ます。種類が豊富で迷ってしまう場合には、サポニンエクオールを含んでいるものが特におすすめです。サポニンは体のめぐりを良くしてくれるため更年期の冷えやむくみ、肩や腰の痛みに効果的で、エクオールは女性ホルモンに似た働きをしてくれるため女性ホルモンの減少が原因で起こる更年期障害の症状全般を改善してくれます。