ホットフラッシュ 対策

更年期の代表的な症状 ホットフラッシュの対策

ホットフラッシュとは、特に激しい運動をしたりお風呂上りという事も無いのに体が火照ってきて流れるほどの汗をかく更年期によくある症状の一つです。中には夜中に急にホットフラッシュが起きて首や背中に大量の汗をかき目が覚めてしまう事が頻繁におきるため、睡眠不足になってしまうというケースもあります。

 

ホットフラッシュは更年期障害の症状としてよくあるものですが、女性ホルモンの急激な減少によって自律神経が乱れるため血管の収縮や拡張がうまく機能しなくなる事で起こる症状です。ホットフラッシュは体が熱くなる症状ですが、逆に体が冷えやすくなってしまうのも更年期障害の症状の一つです。

 

ホットフラッシュの対策でオススメなのは少し汗をかく程度の軽い運動をすることです。適度に体を動かすことで筋肉がほぐれ血行が促進されることで自律神経が整っていきます。更に女性ホルモン様作用のある大豆イソフラボンやエクオールが含まれた更年期サプリを摂る事でより効率的にホットフラッシュの改善が見込めます。それでもどうしても良くならず症状が悪化する場合には病院で医師に相談し、場合によってはHRTを受けるのも良いと思います。